P R

日本の評価はいいんですね^^

来日中の国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は6日、都内で会見し、16日に発表予定の世界経済見通しで成長率予想を下方修正する方針を明らかにした。4月時点では今年は3.5%と予測していた。円の為替レートについては「過大評価されている」としたうえで、欧州債務危機などで世界経済が悪化すれば円高が進む可能性があるとの認識を示した。

 ラガルド氏は米国や新興国に景気減速の兆しがあることを踏まえ、世界経済の見通しは「(下げ幅は)大きくないが、下方修正になる」と述べた。

 円については「欧州危機のあおりで逃避先として資金が集まれば、過大評価が進むかもしれない」と指摘。急激な円高が日本経済に打撃を与えるのを防ぐため、政府が市場介入を行うことに対しては「他国と協調しての介入は正当化される」と述べるにとどめた。

 一方、消費税増税法案が衆院を通過したことについては「歓迎している。歴代政権が決断して改革を断行するまでいかなかった」と評価したうえで、さらなる財政健全化を求めた。

押してくれたらうれしいな~♪


為替・FX ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 南アフリカランドへ
にほんブログ村




コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
亀三のメイン口座